ヨーロッパに合わせている事だけではなくこの大会にも合わせている

サッカーJリーグも今の制度から「秋春制度」を移行する事を報道に説明をしたがほとんどのチームがこれに反対をしているが特に北海道や東北があるチームでは雪など降るので試合ができないと言う事になっているがこうした移行には海外のサッカーなど基本があると思われている。

ヨーロッパサッカーは秋に開幕を迎えて春になるとシーズンオフになっていく事で代表戦など試合ができるという事になるが日本は2月に開幕を迎えて11月から12月の最初の週で終了となってしまうがシーズンの途中で代表戦があるので中断をする事もあるので忙しいと思われている。

親善試合もあるので準備も必要だと思うがヨーロッパサッカーがオフになっているので申し訳がないと感じていた。

開幕を変更する事で代表を戦えるかもしれないがチームの反対が多いのでわかるかもしれないが秋春制度に移行するのには次のサッカーワールドカップの次の開催国は中東のドーハに決まっていまして時期も12月開催になるので時期的にはどうなのか難しいと思っている。

こうした事が影響も大きいと思うと選手には困惑するかもしれないがベストコンディションが望めないと思っているかもしれない。
この様な事では世界に勝てないと思っているかも知れないと考えられている。

世界に合わせなければならないと思っている所もあると感じていますが反対をしているチームがあるが改善をする事が大事だと思っている所もあるが難しい問題だと思われていますが納得ができる判断ではないと思う。

今後はじっくりと話し合いをする事で理解を求めていると思われているが影響はどこまで響くのか気になっていると思うのです。女性用育毛剤 比較