今年もこのドラマの時期がやって参りましたが

今年のドラフト会議が行われますがその指名を受ける選手がプロ入り届を提出期間が終了して運命の時を待つようになるが今年も高校生のプロ入りを希望をしている学生が多くいる事が明らかになったというが特に毎年甲子園で湧かした選手もここに名をあげて届を出したと言うが注目がされるのでここに目当にしている選手もいる事で今年は昨年以上よりか注目視されている選手が多数いる事でドラフト候補だと思う所もあると言う事になる。

毎年ですがドラフト会議にかけるのがほとんどが高校生が中心となってプロ入りをしたいという気持ちがあってここに選択をして届を提出をしていると言うがここ数年は各球団は高校生よりか大学生や社会人野球で活躍をしている選手の指名をしているので難しい所まできているのが事実で高校卒業してプロ入りするのはどうなのかと思われている所まで来ていると感じてる。

上位に指名をしても一軍には昇格ができるのかどうなのかこれも実力だと思っている所もあるので正直ですが難しいと思っているかも知れないと言うがソフトバンクなどみたいに三軍をしている所はこうした若手を育成をしているのでこの様にしているので少しずつ体力作りはしていると言う事になる。

こうしたチーム作りには必要不可欠となったと思われている。

社会人野球など即戦力となるのが全国にある独立リーグと言うがここもプロでは即戦力となるが指名は下位となるので期待はしているのはごく僅かで活躍も出来るのもそういった事になるがしかし、プロ入りが出来なかった候補生の中でも独立リーグへ入団する選手いる事でここでも選択があると言う事になるかも知れないと感じられている。

高校生でもプロ入りしない生徒の進路が明確をしてきていますがドラフトも間もなくだと思っているので注目だと思われているかも知れないのです。