榎本武揚は北海道になぜ行ったのでしょうか

榎本武揚は北海道に行くことにしたのか
一体何が目的で言ったのかそれは榎本武揚が国際情勢と北海道の資源の多さにすごく精通していたからです。
慶応4年に徳川家は新政府に負け徳川家の領地は800とも700万石と言われた領地が駿府70万石に減俸されました。そこで多くの徳川家の家臣は路頭に迷うことを
懸念した榎本武揚はまだ未開の地蝦夷今の北海道を徳川家家臣幕臣達とも開拓しロシアからの介入を防ぐ北方の守りをする為に蝦夷地を目指しました。
途中仙台にて土方歳三や大鳥圭介らの残存兵を回収して蝦夷を目指しました。もちろん蝦夷を目指す榎本軍の中には榎本の考えに賛同して
参加している人もいれば薩長憎しで参加をしてい方もいました。
榎本軍は蝦夷を占領して徳川自治区を作ろうとしました。榎本は何でも岩倉具視に嘆願書を送りましたが新政府は許さず
戦争になってしました。それが箱館戦争です。榎本軍は新政府に負けて榎本の夢は露と消えました。全身脱毛 回数