罵声を浴びせてきたプロから守ってくれた奴

三男は、近々3歳になるのですが、便所発達がまずまずうまく進まず、3歳でオムツを売るについてにはならなさそうだ。けれども、ある程度のカテゴリーの赤ん坊でオムツをしている赤ん坊はそれだけいませんし、アパートもどうにかなるだろうと思っていました。それなのに、3歳過ぎているのにオムツを付けてあるなんて有り得ないって事務所のプロフェショナルに罵られてしまったのです。

こちらは、何か言い返そうとしたのですが、後輩という自分の位置づけのこともあって、言えずにいました。すると、そのプロフェショナルよりももう一度上のプロフェショナルが、そんな言い方こそ有り得ないという叱ってくれたのです。こちらは、涙が出そうなほど嬉しかったです。

そのプロフェショナルは、その場を立ち去っていきました。そうして、叱ってくれたプロフェショナルは、赤ん坊の上達があれこれ同じな要因ないんだから気にしないのが特別だよという慰めてくれました。自分の赤ん坊も、こんな風に優しさのある子どもに育てたいとも思いました。何となくこちらは、やつに支えてもらいながら子育てができているのだと実感しました。