生産性があるのか無いのかわからない私の叡智

ぼくは暇になるとちょいちょい自分で考えたネックに自分で答えて見るというゲームをする。ネックといってもむずかしいものではなくて小学校や、もしかして保育園の子供たちでも答えられそうな内容のものが多いです。
ちらっと昨今出したネックはシンプルな二者択一問題で「こういう世界中に良い人と悪い人とどちらが多い?」とか「国語と算数、正にどっちが博士?」とかだ。嬉しい時期をしてこうした一人ゲームを真剣にやってしまっておる自分がついつい恥ずかしくもなるのですが、答弁を考え中のぼくからはおそらく周辺が音声を引っ張るのをためらうほどの重いオーラが出ているハズで、そのこともまた二重に照れくさいだ。
つまらないことを真剣に感じる人の中には逸材人肌の人が多いと昔なにかで聞いたことがあるのですが、今までの結果から考えても自分にはその線は強制ないなと思うと、空しさが3増加くらいになります。だったら最初からあんなゲームをしなければいいのですが、ふっと嘆かわしいネックが頭に浮かぶのでふと答弁を見紛うようになりました。