手間をかけるだけの価値がある事。娘と手作りお菓子

久々にお菓子づくりをしました。学生のころは製菓を学ぶようなコースを選択していたので毎日作っていたけど
ここ最近はまったくやっていませんでした。
作るより、できたものを買った方がおいしいし安いし、なによりすぐ食べられます。
しかし、手作りのものをプレゼントしたい、と、思うのは女の性なのでしょうか。
小学生の娘は友達にあげたい、と、言い出しました。
なので、仕方なく、私は学生以来ぶりに、頑張ろうと、思い立ったわけです。
めんどくさがりに見えますが、私は意外と几帳面なのです。完璧主義なのです。
作るならちゃんとしたものがいいと思い、ディアマンという、クッキーを作ることにしました。
型ぬきクッキーは衛生面であまりよくないと思ったのです。
ディアマンは冷凍庫で生地を固めて、包丁でスライスするものです。
娘にバターをの混ぜ方や、ほかの材料の加え方を教え、形になり、完成しました。
味もおいしくできました。
とても、うれしそうな娘の笑顔。この笑顔は既製品では見ることができないな…と、改めて感じました。フレシャス dewo 口コミ